ヘアスタイル、ヘアカタログ、ヘアアレンジ。メンズヘア、ボブ、ミディアムの髪型がいっぱい
Cut
デザインを作るカット
ブルーフェーセスでは、濡れた状態でカットするウェットカット、そして、乾かしてからカットするドライカットの2種類のカットを施します。

長さやレイヤー、量感など全体のデザインを決めるのはウェットカットです。
ドライカットでは、乾かすことで仕上がりの長さ、生えぐせやうねり、膨らみ方などがはっきり見えてきますので、骨格、顔立ちにフィットさせて、毛量調整やディテールデザインの微調整を施します。ドライカットをすることで、おうちでの再現もラクになります。

カット(シャンプー、スタイリング込)表参道サロン \6,825(税込)、赤羽サロン \5,775(税込)〜
ザー、セニングシザー、レザーと使い分けます。
髪質とその日に作るデザインにより、ツールを使い分けます。シザー、セニングシザー、レザー(かみそり)。

レザーを使うと髪が傷むと思い込んでいる方もおられるようですが、きちんと研がれて、ダメージを与えない正しい使い方をマスターしているスタイリストなら大丈夫です。
レザーは毛先の軟らかさやナチュラル感を作るのに効果的。デザインをクリエイトするのに欠かせないツールです。

セニングシザーは、シザーとは刃の形状が異なります。髪を削いで毛量調整するのに役立ちます。細かく間引くので自然な仕上がりです。
基本はシザーを使い、必要に応じてセニングシザーを取り入れます。
メンズの刈り上げにはクリッパーを使います。

ゲストの髪を傷めないよう常に切れ味よく、手入れを欠かしません。
に清潔なカットクロスを使用。1枚につき、おひとり様まで。
カットの技術だけでなく、ブルーフェーセスでは、清潔感への気配りがあります。
その日に1度使ったカットクロスを同じ日に複数のゲストに使い回しすることはありません。
ゲストの前で、きちんとシームされたビニール袋からカットクロスを取り出します。
1度使ったカットクロスは、きちんとクリーンにされてから1枚ずつビニール袋に入れシームされ、後日登場します。
ビニール袋に入っていないカットクロスを使うことはありません。前の人の髪の毛が付いたクロスはイヤですよね。ブルーフェーセスには、実に膨大な量のクロスがあるのです。
ルーフェーセスのカットの魅力。
・パターン化した髪型ではなく、雰囲気、顔型、顔立ちに合わせたパーソナルなデザインを考えます。
・なりたいイメージ写真がある場合も、その人らしさをプラスします。
・パーマをかけるときは、パーマでの動きをカットでつくります。
・仕上げに近い状態で、顔回り、重さ、動きを再調整するのでフィットします。
・顔形をキレイに見せる顔回りのディテールデザインにこだわります。
・ショートヘアは、頭の丸みをカッコよく見せるスタイリッシュなデザインです。
・硬い髪質も、軟らかく動く質感カットが得意です。
・毛束感をキレイに見せる質感カットも得意です。
・顔と頭を小さく見せ、シルエットがキレイです。
・横顔もキレイに見せる、360度バランスのよい骨格を考えたデザインです。
・全身とのバランスのとれたスタイルをつくります。
・カットの基本技術をきちんとマスターした上で、スタイリストの感性でデザインを生み出しています。(個人差はありますが、スタイリストになるまで4〜5年かかります。)

人を素敵にデザインすること------- それが私たちの使命です。
Copyright(C)2000-2014 blue faces All Right Reserved.
ブルーフェーセス ヘアカタログ 〜ショート ミディアム ボブ セミロング メンズのヘアスタイル  [ブルーフェーセス][ヘアコンシャス][カフェカラー][ヘアモーション]は登録商標です。
このサイトに掲載のヘアスタイル画像、イラスト、写真、コピーの無断転載を禁じます。